理想的な身体を確実で安全に獲得する方法とは

鼻翼縮小手術

手術室

鼻の穴を小さく目立たなくする

鼻の穴というのは、実は美容整形手術によって小さくすることができるといいます。この手術方法を鼻翼縮小といい、生まれつき広がっていて目立つ鼻の穴を小さく縮小する方法です。手術方法は、鼻翼の余分な皮膚を切除し、広くせり出した鼻翼を小さくする方法が用いられています。銀座の美容整形外科においてもこのような方法が用いられ、鼻の穴が大きい人や、横に広がった鼻翼に悩みがあるという人には効果的な手術方法であるとされています。鼻の穴は、デザインを決める際に医師と一緒にシミュレーションを行います。鼻の穴が大きいことに悩んでいる人に対しては、切除する鼻翼部分の皮膚を調節しながら、納得のサイズを決めていきます。さて、気になる傷跡についてですが、切除する部分は小鼻の溝の部分に合わせます。さらに、鼻の穴の内側の部分を切り取ることから、傷跡が目立つリスクが殆どないのが特徴です。銀座の美容整形外科では、整形をしたことが周囲にばれないよう、手術方法は目立たないように工夫しています。

鼻の整形というのは銀座の美容整形外科においても、二重埋没法に次いで人気が高いです。鼻というのはメイクでなんとかなる部分ではないことから、結果的に整形手術を希望する人が少なくないのです。初めての鼻翼縮小手術をする場合、あまり多くの皮膚を切除しすぎてしまわないことです。鼻翼を通常よりも多く切除してしまうことによる弊害は、鼻の穴が極端に狭くなってしまう、もしくは鼻翼が無くなってしまう点にあります。銀座の美容整形外科では、あまりやりすぎの鼻の整形については推奨をしていません。患者が希望しても手術ができない場合もあるので、医師とのカウンセリングでよく相談をして、仕上がりを決めることが好ましいです。では、なぜ鼻翼縮小手術のやりすぎは良くないとされているのでしょうか。その理由の一つに、呼吸がしづらくなってしまうというリスクがあります。鼻孔を小さくする目的で手術を行いますが、極端に小さくしすぎてしまうと、コンセントの挿入口のような形になり、バランスが崩れます。